ヘッダバナー

がんばっているアナタニ 健康と幸せをお届けします 

酵素について

あなたは知っていますか?酵素のことを

私たちは生きていくために食べ物を食べます。しかし、食べ物を食べただけでエネルギーになるわけではありません。食べ物がエネルギーとして利用されるには、摂取した栄養素を分解・消化・吸収の過程が必要です。栄養素を分解・消化・吸収しエネルギーに変えるために働いているのが「消化酵素」です。

消化酵素によって変換されたエネルギーを使って、心臓を動かしたり、瞬きをしたり、歩いたり、口を動かしたり、免疫力を身につけたり、老廃物を排泄したりなど、全ての生命に関与して働いているのが「代謝酵素」です。

酵素フリーページ

消化酵素、代謝酵素ともに、生命活動になくてはならない存在ですが、重要なのはこの二つの酵素のバランスです。

私たちの体内で一日に作られる酵素の量は決まっているため、食べ過ぎや油濃いものの摂取により、消化酵素が大量に消費され、その分代謝酵素が不足してしまいます。

一日に生産される酵素のうち、消化を円滑に行える消化酵素が少量ですむならば、大半を代謝酵素にあてられ、代謝が活発になるわけです。逆に、消化が悪く消化酵素が大量に消費されてしまうと、代謝酵素に回る酵素が少なくなり、身体が代謝不良になります。

酵素フリーページ

酵素の製造能力にも限界があり、20歳をピークに年齢を重ねるごとに少しずつ減っていき、40歳を超えると急激に減少していきます。酵素は年齢によってその質も変化し、年齢とともにその働きが弱まります。

加齢によって脂っこいものを食べると以前より胃がもたれやすくなったり、若いころと同じ量の食事を摂っているのに太りやすくなったりするのは酵素の量の減少が原因です。

消化酵素の消費量を少なくし、代謝酵素を増やすことが、新陳代謝や基礎代謝を上げ、健康で元気な毎日を過ごすことができる鍵だといえます。生命活動の源である酵素を日常生活で節約することはもちろん、消化酵素が余裕を持って活動できる状況にしてあげることが何より大切です。

限りある酵素を賢く活用するために、日頃から酵素を無駄遣いしないような食事を心がけましょう。

酵素は、地球中のありとあらゆる生き物に存在しています。私たちはそれらを食べることで知らず知らずのうちに外部から酵素(「体外酵素」)を身体の中に取り入れています。しかし、酵素は非常にデリケートなもので、熱に弱く、加熱することで死滅してしまうのです。そのため、加熱食品ばっかり食べると摂取できる酵素はゼロということになります。

酵素を多く含む生野菜や果物などを積極的に取り入れることや酵素サプリメントを併用することで、「体内酵素」(消化酵素と代謝酵素の総称)の浪費を抑えることができます。

また、定期的に内臓を休ませることで、体内酵素を極力節約することもできます。これには主に「ファスティング」という断食法を取り入れますが、腸もきれいにしてあげることができます。

人間の寿命は「酵素の内在量に左右される」といわれるほど、酵素は私たちの生命活動の全てに関わっています。

酵素を賢く節約・活用し、生き生きとした毎日をお過ごしください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝・祭日

営業時間は平日9時~17時までです。
定休日でもインターネットで24時間注文を受け付けております。
お気軽に問い合わせください。
092-517-8708
店長:南波まで

ページトップへ